鋼の錬金術師(旧アニメ)(2003)

旧アニメバージョン。世代なので見てたけどちゃんと通して見るのは実は初めて。何となく旧版の方が良かった気がしてるけど、まぁ半分正解半分ハズレかな。まず良かったとこは作画と選曲とシナリオと、あと声優。アニメオリジナル設定の真理の扉の向こう側が…

鉄風Pを久々に聴いた。

https://nico.ms/sm21330645 鉄風pって知ってる?ニコニコ動画で2009年くらいに活動してたボカロpで、中学〜高校くらいの頃よく聴いてたんですよ。その頃自分はニコニコ動画観てるのが恥ずかしくなってきてるくらいで(今はまた戻ってきてる笑)、初音ミクと…

ビリディアナ(1961)

スペインのルイス・ブニュエル監督作。パルム・ドール受賞作。古い作品なのに扱ってるテーマが深く重い。軽く説明すると修道女が親戚のおじさんに犯されたと思って、おじさんに結婚してくれって迫られるんやけど断ったらおじさん自殺して、修道女は自分は汚…

あずみ(2003)

上戸彩主演。北村龍平監督作。ぶっとび系時代劇。たまには夏っぽいのを観ようと思って。北村龍平はVERSUS観て好きになった監督だからその目線でもう一度見てみっかてのもありつつ…。今見たらVERSUSの兄ちゃん出てるんやな。よく見りゃ猿もVERSUS出てたね最後…

エル・スール(1983)

ビクトル・エリセ10年ぶり2作目の作品。そしてまた少女もの。ビクトル・エリセはロリコンだな。10年経てば前作の少女も立派な大人になっているんでしょうね(関係ないけど)。 主人公の女の子の過去の回想がメインの映画なんだけど、これラスト30分で現在に…

ピアノ・レッスン(1993)

ジェーン・カンピオン監督作。女性監督は珍しいので楽しみにしていた。まず画が豪快かつ繊細でいい。ひとつの画の中でその2つが同居してる。あと音楽もいい。ff9っぽい。ゲーム音楽っぽくて馴染み深い感じ。潔癖な女が離島の部族のおっさんに寝盗られるとい…

SPEC~結~

ひとまず零とサトリ以外全部見た。言われてる程酷いとは思わなかった。ただCGばっかで絵に工夫が無いというのは同意。最後の斗真がモンスター化する所位はせめてセットで作った方が良かったんじゃないかと思う。リアリティ無さ過ぎた。内容はよくわからんけ…

ロング・グッドバイ(1973)

ロバート・アルトマン監督作。やっぱいいわロバート・アルトマン。男臭くて破滅的な雰囲気、これは正にロックンロールですわ。そん中で常にユーモアを欠かさないところが洒落てる。マジキチヤクザほんま面白い。主人公のキャラもいいんだよなぁ。俳優の顔も…

甘い生活(1960)

イタリアのフェデリコ・フェリーニ監督作。とりあえず2時間47分は長い。お父さん来た辺りから疲れてよ〜わからんくなった。てゆーかそれでなくとも後半よくわからん展開やねんな。とりあえず酔っ払いとか楽しそうな連中を撮らせたら一流やなフェリーニは。そ…

ビッグフィッシュ(2003)

ティム・バートン監督作。めっちゃ感動するって聞いたんだけど全然泣けないし面白くなかった。嘘つきじじいのホラ話ずっと聞かされて、最後死んで泣けるって全然意味わからんわ。フォレストガンプと似てた気がする。あの映画めっちゃ嫌いなんでよく覚えてな…

うなぎ(1997)

今村昌平監督作。パルムドール受賞作。さすがパルム・ドールという感じで隙のない完璧な作品だった。敢えて欠点を挙げれば作品にイマイチ花がないとこと終盤の床屋にヤクザが襲撃してくるシーンとかのアクションに迫力と緊張感がないってとこ。柄本明のキャ…

曼陀羅(1971)

ウルトラマンシリーズなどで脚本を務める実相寺昭雄の監督作。長編映画第2弾。前作無常が最高の作品だった。そして今作もやっぱり凄い。相変わらずのぶっ飛んだアングルと退廃的な内容…天才という他ないね。半世紀も前の作品だが一切古びない所か未だに鮮烈…

3人の女(1977)

ロバート・アルトマン監督作。ジャンルはサイコサスペンス日常物って感じかな‪w。導入から説明不足なシーンに意味を与えるBGMが不穏に響き冒頭からもう良質映画の雰囲気が出てる。映画はやっぱ音楽大事だよな。めちゃくちゃ病んだ世界観はミヒャエル・ハネケ…

シン・ゴジラ(2016)

エヴァの庵野秀明監督作品。ゴジラシリーズは今まで見た事がない。3.11に影響を受けて当時の日本の状況を参考に製作されたであろう作品であるが、コロナにも当てはまり裏側はこんな感じだったのかなと想像出来る。つまり現代日本人には旬でマストな作品であ…

M★A★S★H マッシュ(1970)

ロバート・アルトマン監督作。アメリカ軍の朝鮮戦争下での野戦病院の生活を描いたコメディー。朝鮮戦争とか野戦病院とかよく分からん背景の上、分かりやすい筋書きもないので取っ付きづらく、そのぶっきらぼうさに好みは別れる。爆笑できるとかそういう感じ…

新世紀エヴァンゲリオン Air /まごころを君に(1997)

所謂旧劇ってやつ。実はエヴァってちゃんと見てないんだよね。まぁ、これ程の有名作品だと大体の情報は勝手に入ってくるものだけど、実際見るのはすごく怖かった。予想通り、終始心痛に苦しめられた。これは言わば表現という名の自殺だよ。 …まぁ実際見てみ…

スリーピー・ホロウ(1999)

ジョニーデップ主演ティム・バートン監督作。ティム・バートンの最高傑作という声もチラホラ。まぁまぁのグロ注意です。こういう中世(近代)ヨーロッパの世界観大好物。なぜなら女性の服がエロいから。最高傑作かって言われてるとバットマンリターンズの方…

ケイゾク Beautiful Dreamer

テレビスペシャルを挟んでの続編映画。この作品絶対賛否両論だろうな。僕は完全に否ですねぇ…。まぁ最悪とも言いきれない。映像は素晴らしい演出もかっこいい。でもメインキャラを簡単に殺し過ぎだ。弐係の連中に対して視聴者は既に愛着がある訳だからそんな…

ケイゾク(1999)

スペックの脚本西荻弓絵と監督堤幸彦のコンビによる刑事ドラマ。タイトルのケイゾクとは迷宮入りした事件を担当する警視庁捜査一課弐係のことをそう呼ぶ。時代とはいえ、毎回警察の係長の援交ネタから始まるって相当狂ってんな笑。まずこの作品の魅力はなん…

わが友イワン・ラプシン(1985)

ロシアのアレクセイ・ゲルマン監督作。ジャンルは刑事ドラマ。この監督の作品は神々のたそがれと道中の点検で今んとこ打率5割今回はどうなるか。舞台は1935年戦時中かな?町は一見平和なようだ。イワンラプシンというのは刑事らしい。イワンラプシンは語り部…

シベールの日曜日 - TSUBOUCHI(2013)

日本のバンド、シベールの日曜日の4枚目のアルバム。八百屋の地下でドラム以外ほぼ1人で作ったというアルバム。今では海外ツアーを行うなど国内外ディープなファンを獲得しているバンドであるが、この頃はまだあまり世間に認知されておらず、バンドとしての…

Ends - Howl (1998)

エンズはSOFT BALLETの遠藤遼一のソロプロジェクト。3枚目のアルバム。エンズの音楽性はキーボードをフィーチャーしたオールドロックンロールスタイルで和製ドアーズとか言われている。80sNWなSOFT BALLETとは全然違うのでファンにはあまり評判は良くなかっ…

NANANINE - 12E12(2002)

福岡出身の4人組ロックバンドのファーストフルアルバム。自我の目覚め。無敵の中学生。彼等は天然の天才です。作為的なところが全くなく純粋だ。有り余る才能が制御しきれず、それになすがままであるが故に評価が定まらず、時代の流れの中で忘れ去られて言っ…

【クッキー☆ボイスドラマ】魔理沙とアリスの自己矛盾☆(2020)

https://nico.ms/sm36353098 これはガチですげえ… 。この動画は東方ボイスドラマ企画とかいう、ニコニコ動画で細々やってるしょーもないコンテンツから派生した作品の一部なんだけどこれがめちゃくちゃ面白い。東方も淫夢もクッキー☆も知らねーよって人でも…

それでも世界が続くなら - それでも世界が続くなら(2018)

セルフタイトルを冠したミニアルバム。自身これが本当の1stアルバム、自分の気持ちを初めてちゃんと表現出来たと語っていた活動休止前ラストアルバム。それでも世界が続くならというバンドの持つキモさ、ヤバさそんな彼らの個性に向き合いそれを肯定し100%…

アノダイズヘッド - live at meets(2020)

今日は自分の友達のバンドを紹介する…という書き出しは全然興味を引かないと思うんだけど笑。忖度なしに彼らの音楽は稀なオリジナリティを有しており、ボーカルギター新見大樹はロックバンドのボーカルに必要なカリスマ性を持っていると思う。この機会に是非…

黒夢 - 1994 ~1998 bestorworst(1999)

ヴィジュアル系ロックバンド黒夢のメジャーデビュー後4年間から選んだベストアルバム。新宿のライブビデオがかっこよかったので興味を持ったから正味活動後期のパンク期しか興味無いんだけど、一応入門にこれをチョイス。ソフトな面とハードな面の2枚組。 Di…

それでも世界が続くなら - 消える世界と十日間(2017)

人間の生をリアルに捉えるというコンセプトの元に作られたアルバム。作った順に曲が並んでるらしい。 01.人間の屑 オープニングがいきなり荒々しくて僕は透明になりたかったを彷彿とさせる。ノンストップなヘビーロックナンバーに語りがのっかって若干とっつ…

それでも世界が続くなら - もう君はいい人じゃなくていい(2014)

4thアルバム。メジャーでは3枚出したうちの2枚目で一番メジャー感が強いアルバム。ジャケも1番どうでも良さそうでゲス極とかその辺でありそう。歌詞も1番中身薄い気がする。でも曲がバラエティに富んでいてメンバーの演奏力も上がってきていて良いアルバム。…

それでも世界が続くなら - 52Hzの鯨(2016)

最初は最低の昨日はきっと死なないと2枚組で出される予定だったらしい。あのアルバムがかなりやばいのでこっちはポップサイドという感じ。 01.弱者の行進 マーチバンド的なリズムの切ない曲。 この曲は最後のサビの美しさに尽きると思う。「間違いの答案でも…