2016-10-12から1日間の記事一覧

Davidtio - horobino (2005)

彼らが掲げるデカダンという価値観に見合うタイトルでより核心に迫った内容になっているのかと思えばまあ特にそんな印象もない、正直歌詞の内容をほとんど理解していないというかこちらではちと計り知れないものがあるから、、、単純にこっちの方がシンプル…

Davidtio - KIN-KAKU (2002)

日本では珍しい渋い声のボーカルとオーソドックスなロックンロールにのるストゥージズ的な暴れギターが特徴的なバンド。YouTubeのライブを見て一目惚れで速攻買ったが、ライブに比べてギターが引っ込んでて少々残念。日本にもつまらないバンドに混じって本当…