2017-09-27から1日間の記事一覧

ふくろうず - だって、あたしたちエバーグリーン(2016)

文句なし。フィッシュマンズくらいの境地に来てる。只、原点回帰って言われると僕は違和感ある。僕にとってループする辺りのふくろうずは完全にロックバンドだったので、今のふくろうずは内田万里の歌と鍵盤が中心にあってベースは完全に裏方に回ってギター…

ふくろうず - ベイビーインブルー (2015)

駄作を連発したがここに来て巻き返しに成功したと思う。砂漠の流刑地までのバンドサウンドからポップス志向に切り替わってそれがやっとここで結実した。これまでのアルバムではバンドであることが枷になって曲の魅力を邪魔していたように思うが、このアルバ…

ふくろうず - マジックモーメント(2014)

折角スリーピースなんだから三人で作ってみようってことでこのアルバムはドラムが全部打ち込みらしいが正直全然ダメ。ふくろうずのグルーヴが打ち込みでは表現できていないし、そもそもポップスを目指すならグルーヴなんて要らない、まぁふくろうずの言うポ…

ふくろうず - テレフォンNo.1(2013)

ドラムが脱退して打ち込みを導入してかなりポップになった。悪くないけど良くもない。特に打ち込み曲は折角のふくろうずのグルーヴを台無しにしていると思う。

ふくろうず - 砂漠の流刑地 (2011)

砂漠の流刑地グルービーでかっけえなぁ。ジャケのイメージ通り若干サイケデリックで起伏が少ない洋楽っぽいメロディのライブ栄えしそうな曲が多い。バンドっぽさが増してその分内田万里の歌のエモさは薄れてしまったのが残念だがそれでも良いパワーポップア…

ふくろうず - ごめんね (2010)

セカンドアルバム。ごめんねは超名曲。左耳反響するごめんねの後のギターエモ過ぎて反則。意識して爽やかで疾走感のあるギターポップを増やしてきたなって感じがして、全体的には前作の方がエモーショナルで良かったなと思う。ゆったりした曲の方が気持ちを…