読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

映画

クロウ飛翔伝説 (1994)

アレックスプロヤス監督作。ダークヒーローの復讐劇。途中キュアーやNINなど耳馴染みのある曲がかかりテンション上がる。思ったよりアクションシーンが多く殆どアクション映画だった。友達と一緒に見たので一生懸命面白さを表現していたが、友達は途中で寝て…

セッション

あんま面白くなかった。こういうの見ると言葉を失うしかないのが歯痒いですね。

クレヨンしんちゃん電撃!ブタのヒヅメ大作戦(1998)

クレしんの映画の中でも格別に面白い。シリアスさもギャグの質も最高級。最高傑作と言って差し支えないだろう。エヴァの影響受けまくりやと思ったが実際監督はこの頃エヴァに嵌ってたらしい。子供は当たり前の無力さで描かれた銃の重量感や兵器の破壊力もし…

ファニーとアレクサンデル(1982)

イングマール・ベルイマン監督作。DVD二枚、5時間を越える超大作。叫びとささやき同様近代の西洋が舞台、愚かで愛すべきエクダール家の人々。まさか念力で事件を解決するとは思わなかった。お祖母ちゃんとカール叔父さんが好き。

ルナシー(2005)

ヤン・シュヴァンクマイエル監督作。セットが素晴らしかった。生肉とかジジイの咀嚼とか見てて気持ち悪くて目を背けた。ちょっとエロかった。ホドロフスキーと似た荒唐無稽な話かと思いきや、意外とちゃんとした筋書きがあり、冒頭監督が出てきてこの映画は…

穴 (1960)

ジャック・ベッケル監督作。脱獄は冒険だ!これから僕は「男は一回くらい旅に出た方がいい」ではなく、「男は一回くらい脱獄した方がいい」と言うだろう。三回脱獄した男がクソ有能だった。穴を掘るって男のロマンだよな。ロマン・ザ・穴掘り。最高。今はも…

ロックンロール・ハイスクール(1979)

デスレース2000のロジャー・コーマン制作。ラモーンズ出演。アラン・アーカッシュ監督作。デスレースと同じ実況者出てきた(笑)全体がラモーンズのPVだった。ラモーンズ以上に文化祭が似合うバンドはいないね。

チャイナタウン(1974)

ロマン・ポランスキー監督作。めちゃくちゃ面白かった。ロマンポランスキーは女の趣味がいい、奥さん最高。ジャックニコルソン扮する私立探偵は頭のいいタイプではないが地道に足を使い、機転が効き、狡い手を沢山使い、名探偵と頭の悪い視聴者という構図に…

ラジオ・デイズ(1987)

ウディ・アレン監督作。アメリカに住むユダヤ人家族の暮らしをかいつまんで回想するコメディ。反戦的なメッセージがある感じもするが、肝腎の笑いが微妙。なんかベタで古い芸人を見てる気分…。

ヤンヤン 夏の想い出(2000)

台湾のエドワード・ヤン監督作。アジア人なのに欧米で通用するような名前って滑稽だよね。日本人で言えばアリスとかマリアとかジョージとかさ。一つの家族の偶像劇。母はいい年して自分探しに山篭り、父はその間に出張先の日本で昔の恋人と逢引、共に非常に…

テナント/恐怖を借りた男(1976)

フランスのロマン・ポランスキーというちょっとアホみたいな名前の監督作品。人の良い主人公が引っ越した先が事故物件で、出てくる人々がみんな無神経でケチだったり意地悪だったりして自分だったら絶対いやだが、他人事だからこれがかなり笑える。だんだん…

マップ・トゥ・ザ・スターズ(2015)

デビッド・クローネンバーグ監督作。これは偶像劇で登場人物全員病んでるんだけど、最後はキレイにみんな片付いた(笑)ラストは歪んだ少女趣味だった、安心っちゃ安心だけど。見返したくなるようなシーンはないんだけど、舞台が現代のアメリカで何の面白み…

プレイタイム(1967)

フランスのジャック・タチ監督作。フランスのチャップリンという話だけあって、字幕をつけてもほぼ無声映画のようで意味がなかった。監督がほぼ全ての俳優のパントマイムを支持したというのがすごい。おかげで全ての人物がプログラミングされたように動く。…

キング・オブ・エジプト(2016))

アレックス・プロヤス監督作。めっちゃくちゃ面白かった!最初から最後まで全部!全人類おすすめ!

偶然 (1981)

クシシュトフ・キェシロフスキ監督作。検閲による上映禁止処分を受け、6年後の1987年に公開された。陰影に富んだ映像がかっこいい。素朴だがいい生地で出来た服装もステキだ。説明不足っぽいが何となくわかるし話のテンポも良い。この映画は列車に乗れるか乗…

叫びとささやき(1972)

イングマール・ベルイマン監督作。どっかの国の多分裕福な三姉妹とその女中の話。心の貧しい長女と、病気で死んじゃう次女と、人ズレした三女、そして体型からして包容力に満ちた女中。派手な絵はなく何か教訓じみた話だが、丁寧に撮られた無駄のない映像、…

ブンミおじさんの森 (2010)

パルムドール受賞。タイのアピチャートポン・ウィーラセータクン監督作品。タイの人がお化けについてどう考えているか知らないがお化けが普通に看病したりメモしたりよくわかんない。ほのぼのとして緊張感がないシーンが続くので殆ど見てなかったがそれがタ…

エル・トポ(1970)

アレハンドロ・ホドロフスキー監督作。ホドロフスキーって意外と年いってる。てゆーかまた主役自分かよ!これは実写版ジョジョの奇妙な冒険スティールボールランやと言ってもいいでしょう。特典の監督インタビューも素晴らしい。

惑星ソラリス(1972)

ソ連の映画監督アンドレイ・タルコフスキーの作品。よくわらないのでぼんやりと観ていたのだが、これの惑星ソラリスによって生み出されたハリーはエヴァの渚カヲルというキャラの元ネタなのじゃないかな。人間ってものに興味を持って近づいてきて最後自ら殺…

CURE (1997)

黒沢清監督作。見たことあるけど、あの萩原聖人が見たくてまた借りた。やっぱ日本語だと色んな機微が見えるから分かるけど、みんな演技めちゃくちゃ上手いよなー。役所広司と萩原聖人のやり取りの緊張感最高ー。黒沢清って脚本も監督もやって多作ですごいな…

未来世紀ブラジル (1985)

テリー・ギリアム監督作。掴みもばっちり、キレッキレっのユーモアてんこ盛りでめっちゃおもろい。しかし、どこか狂っていて個性的すぎるキャラクターの応酬にだんだん食傷気味に。コメディかと思ったらラスト20分のイカれ具合がすごい。近未来というかサイ…

サスペリア(1977)

ダリオ・アルジェント監督作。イタリア産、カルト的ホラー映画。先ず思ったのは画面小せえ。黒枠でかすぎっ。BGMうるせえ。生理的な怖さはないが、お化け屋敷的な楽しさがある。何者かの目線のようなカメラワークが特徴的でそれに合わさる不気味なBGMが不安…

フィツカラルド (1982)

ヴェルナー・ヘルツォーク監督作。ものすごい規模の大傑作だ。純粋な意味で「すごいなぁー」っていう感動がある。まるで自分が体験しているような独特の緊張感も素晴らしい。僕が今まで見た映画の中で一番素晴らしい、いや最高だ。他の映画と比べる土表が違…

リアリティのダンス(2013)

アレハンドロ・ホドロフスキー監督作。ものすごい世界観だ。荒唐無稽で発想が分裂症気味。面白かった。日本人にはこんな作品作れないだろうな。自由がないんだと思う。まぁ、地味な方が落ち着くけどね。主人公の男の子の金髪というより黄髪が可愛かったので…

アギーレ 神の怒り(1972)

ヴェルナー・ヘルツォーク監督作。ノスフェラトゥを見てセットの美しさと丁寧な撮影でまるで博物館を歩いているような気分になり一発でファンになった監督の代表作ということで期待大。基本長回しで、心理描写を省き、まるでドキュメンタリーのように登場人…

トータルリコール (1990)

監督レン・ワイズマンフィリップ・K・ディックの『追憶売ります』というSF小説が原作。シュワちゃん土方なのに嫁はんめっちゃ美人やん。朝から何回チュウすんねん。シュワちゃんの野獣っぷりには興奮されられるぜ。ロボット運転手のタクシーなど懐かしのSF要…

ポケットモンスター~水の都の護神ラティアスとラティオス (2002)

夏ですなー。夏はファミリー向けの映画に限るなー。ワニノコのテンション好き、アニメの金銀のパートナーポケモンって個性的やったよなとと思い出す、チコリータはサトシにベタベタで他のポケモン構うとすぐ嫉妬する激カワキャラでヒノアラシはやる気の炎っ…

アデル、ブルーは熱い色(2013)

エロいと聞いて。まず主人公の締まりのない口がムカつく。別れるシーンは切なかったけど二回目みたいかっていうとそうでもない。お互いが食事に招待されたシーンで主人公の方の父は安定した生活が大事やと説き、青髪の方の母はそういう考え方に否定的やった…

ハード・キャンディ(2005)

ロリコン必見と聞いて。しかし、顔のアップばかりでメリハリのない糞映画、見てて疲れる。過激なものが見せたいだけならはよやれっちゅうに。去勢シーンは抜けんこともなかったけど、もうちょっとエロい台詞があってもいいんじゃないかなー。男が頼んないし…

センター・オブ・ジ・アース(2008)

前地上波で見たとき女の子が濡れてエロかった記憶があるので。ディズニーシーにアトラクションがあるので一応メジャーなのかな?めっちゃb級臭いけど、夏休みにもってこいって感じやね。声優やぐっちゃんと沢村一樹かよ。沢村一樹は上手いね。まあ、もちろん…

ケープ・フィアー(1991)

デニーロとJKのキスがエロいと聞いて。確かにエロいけどなかなかのブスやな。マーティンスコセッシとロバートデニーロのタッグなので安定の面白さやった。デニーロが最後川に沈んでいくとこの演技ワロタ。

カリギュラ(1979)

46億円の制作費を投じて作られた変態映画。巨大な壁が地面に埋められた罪人たちの首を刈り込みながら進んでくるのは圧巻でした。犬はちんこ食わんやろと思うけど。まあ面白くないけどね。

プリティ・ベビー(1978)

合法ロリと聞いて。売春宿の映画多いよな~。まあ、抜けはしないけど、面白かった。

ハモンハモン(1992)

エロ目当てで借りた映画。ペネロペ・クルスというどっかで聞いたことがある名前の女優が主演のスペイン映画。パーティーのトルティーヤの鍋すげえでけえ。下らねえ男と下らねえ女しか出てこないし大して抜けねえし。まあ、たいして抜けねえって言葉は間違っ…