音楽

your gold, my pink - pray (2010)

なんだか掴みどころのないバンドだ。キラキラした曲の後ろでダイナソーJr.みたいなギターが唸ってる。ツインボーカルで片方はUS、片方はUKみたいな声。あまりピンとこず。追記、二回目聴いたらすごく良かった。ツインボーカルなど、メロディのフックであった…

Qomolangma Tomato - Camouflage (2009)

3rdアルバム。先ずサイレントヒルみたいなジャケットが凄く良い。「これタコ死んでんのかな〜。生きてたら女優さん怖いもんな〜。」とか思ってたがどうやら生きているみたい。このジャケ、ピュ〜ぴるという人の作品で、自らタコを被って撮影した物らしく、市…

Qomolangma Tomato - Limelight Blue On The Q.T (2008)

2ndアルバム。これは素晴らしいなぁ。前作よりグルーヴ感がすごく増した。ギターベースドラムの攻防がすごくカッコイイぞ。その代わりボーカルの印象があまり残らず歌詞が耳に入ってこなかった。ボーカルがなくても成立するような曲ばかりで、このバンドボー…

The clientele - Bonfires on the Heath (2009)

91年結成、結構ベテランのイギリスのバンド。ネオアコっぽいけどリズム主体ではなくボトムの効いたメロディアスなベース主導の落ち着いた音。てゆーかベルベッツ直系って感じ?随所で鳴るピアノがセクシー。スーパー眠くなるが良い。たまに繰り出されるノリ…

Qomolangma Tomato - チョモと僕は柵の中(2007)

ボーカルのライブパフォーマンスで気に入ったバンド。町田町蔵の再来とか言われてるらしい。てゆーかぐゎはっ言うてるし(笑)最近でこそこういう少年みたいな細くて高い声はあまり珍しくないが、そういうのとは気合が全然違う。リズム感のないギターがパン…

踊ってばかりの国 - 『五月の花』(2017)

踊ってばかりの国新体制での初のシングル。初期の陽性なサイケって風合いはなくなりここ最近のusインディーっぽい感じとも違い、一見地味で頼りなく感じる。歌詞も社会に吐きかけるような生々しい毒は消えてごく個人的な事柄が取り扱われてる感じ。最早音楽…

柳原陽一郎 - 「ほんとうの話」(2013)

これも以前と感想が変わってすごく良いと思う。再生ジンタっていうポップス風の曲が入ってるのが気が利いてるよなぁ。多分こうした良質ポップをやりつつ女性にもウケそうなユーモアとセクシーさを失わない歌手って実は珍しい。そこが好き。ロータスの庭めっ…

柳原陽一郎 - dreamer's high (2010)

以前の感想文では微妙的なことを書いたきがするが、短い間にも音楽の聴き方って変わるもんで、最近は嫌いな音楽がなくなってきた。前はダサいかカッコイイかっていう基準だったが、最近は更にシンプルになって良いか悪いかっていう基準に変わってきた。大切…

Creedence Clearwater Revival - BEST (1997)

ガンクラブのカバーで知ったバンド、アメリカの60年代後半から70年代初期に活躍したバンドらしいけど、あんまり馴染みないよね??先ずこの長ったらしい名前をCCRって略すのが無理がある。端折りすぎやろ。誰が読めんねん。年代順に並べただけかもしれんけどに…

リ・ミクス - livetune feat. 初音ミク (2010)

imoutoid目当てだったが、どれもまぁまぁ良かった。こうして聴くとimoutoidは異色だった。アーティスティック過ぎて浮いてる(笑)全然詳しくないけど、最近だとHaKUのdye it whiteのリミックスしてたbanboxって人のリミックスも強烈だったしそういうのは珍…

The Who - My Generation (1965)

昔からフーの良さが全く分からなかったんだけど、今聴いてもよく分からなかった(笑)確かにピートタウンゼントのギターは時代を考えたら物凄く変わってるし、キースムーンのドラムもどうなってんのかよくわかんなくて面白いけど、でも全然気持ち良くないん…

Ben Watt - North Marine drive (1983)

木下理樹の影響で昔買った。当時はよく分からなかったが今聴くとかなり良い。昔はドラムがないとつまらなかったが、ギターが常にリズミカルだし最小限の音しかないのが寧ろカッコイイと思う。一人だけで完結する閉じた音世界が果てしなく内省的でメランコリ…

dummy-XD - dummy-XD (2014)

ずっと気になっていたバンド。ビジュアル系と言えば聞こえは悪いかもしれないが、日本人らしい線の細さを利用した鋭利な音にポストロックの神経質さを取り込んだサウンドに浅井健一を更に甲高くしたような超個性的なボーカルが乗ることで生まれた、日本でし…

L'Arc~en~Ciel - KISS(2007)

前作AWAKEから円熟期を迎えたラルク。このアルバムも充実の内容でラルク最高!と声を上げたくなる。全編通して無駄のないドッシリしたアレンジ。個人的にはバラードが多くやや冗長な感じがする。alone en la vidaはwind of goldの系譜にあるken筆による郷愁…

Plenty解散

10日ぐらい前に発表されてたらしい。個人的にはアルバムは毎回チェックする程度には好きで、最近このブログでも取り上げて以来本格的に好きになってきていた矢先の出来事だった。江沼君曰く、バンドの中にいる事で自分の持つ音楽性がかなり制限されてたらし…

さねよしいさ子 - うてな(1993)

さねよしいさ子の4thアルバム。フォーライフからのリリースはこれが最後でこれから暫く沈黙に入る。ゼルダの伝説の大精霊を思わせるちょっと不気味なジャケットだ(笑)微妙にネタ切れっぽいが、いい曲もたくさん入ってる。寧ろ、すっからかんになった私を見…

L'Arc~en~Ciel - AWAKE (2005)

Real、smileと微妙なのが続いたがこのアルバムは凄くいい。J-POP感丸出しの顔出しジャケだが寧ろ貫禄を感じる。ギターの音も太くてかっこいい。ドラムも突き抜けるようなドライブ感があり、今作は一貫して大人ロック。yukihiro.hydeの共作New worldで最高の…

L'Arc~en~Ciel - Ark (1999)

二枚同時発売したアルバムの内の一枚。この頃のラルクは本当に凄い勢いだね。それでもGLAYの方が売れてたって聞いたことあるけど、異常な世界だね。陰のRayに対してこちらは陽のArk、まぁこのアルバムそんな陽でもないけど。このアルバムはTetsu色が強い。L'…

L'Arc~en~Ciel - Ray (1999)

シングル連発して油の乗りまくってた時期のアルバム二枚同時発売した内の片割れ。Trueよりこのアルバムの方が好きかもしれない。このアルバムはダークでムーディーなロックが揃いken色が強い感じがする。僕はkenの曲の吟遊詩人が路地裏でやってるような雰囲…

L'Arc~en~Ciel - DUNE (1993)

ラルクの1st。これはちょっとダサいなぁ(笑)まだラルクの音が確率されてない感じがする。めっちゃカッコイイリフできてんってスタジオでメンバーに披露してるような初々しさがある。

L'Arc~en~Ciel - Tierra (1994)

ラルクの2ndにしてメジャーデビューアルバム。これは名盤だ。殆どのバンドがメジャーデビュー後シングル以外捨て曲という状況にあるがこのアルバムは違う。エコバニかキュアーかを思わせるカッティングがかっちょええAll Dead、吟遊詩人的な世界観に聞き手を…

L'Arc~en~Ciel - True(1996)

ラルクの4th。外部からプロデューサーを起用し始めたアルバム。アルバムとしてはTierraの次、2番目に好きなアルバム。何と言ってもL'Arc~en~Ciel史上最高の名曲(だと僕は思っている)Flowerが収録されているのが魅力。他にもこれから長くタッグを組むこと…

スピッツ - ハチミツ(1995)

スピッツは初期が良い。特にアルバム2枚目までは全部良い。この辺の売れてからは商品って感じが強すぎる。等身大の自分だけの歌って感じがない。恐らくアレンジをプロデューサーに任せたり、プロデューサーの移行でもっと高いキーで歌った方が良いという指摘…

Plentyプレイリスト

僕が考えるplenty像に当てはまるプレイリストを作ろうと思ったんだが、拝啓。皆さまやっぱすげえな。改めて名盤だ。完全に異質だわ。理想的な僕の世界もちょっと落ちるけどやっぱ別物って感じ。つーことで今回はそれ以降の曲の中から選んでみた。01.心には風…

XTC - Drums & Wires (1979)

XTCは聴くの初めて、ちょっと面白いけどあんまロックやとは思えなかったな。このバンドはあまり人間性を重要視してない気がする。その人が持つ癖や嗜好、繰り返す修練によって獲得し決定してしまった感覚、習慣。僕はそれを一番見てるんやけど。

ART-SCHOOL - 14souls (2009)

アートではあまり好きじゃないアルバムだったんだけど、久々に聴いたら結構良かった。なんというかアートスクールじゃなくてどこぞの国の新人バンドのように聞こえた。表題曲の換えたての電池みたいな新鮮さは良いね。イルマティックベイビーで得た肉体的な…

Aphex Twin - Drukqs (2001)

一部では最高傑作と言われるこの作品だが、僕はダサイと思う。ドラムンベースは打ち込みにより人力では不可能な高速ビートを刻み、ビートをリズム楽器ではなくリードギター的なカッチョイイ存在として扱った音楽だと理解している。しかし、このアルバムのビ…

Melvins - The Maggot (1999)

三作連続企画盤第一弾、ばりばりヘヴィアルバム。全曲二分割にされた仕様はメルヴィンズの韜晦のようなもの。古典的というか、ブラック・サバスとかドゥームとかいうのはこういうもんだっていう教科書みたいでつまんない。ボーカルも声作ってる感じ、曲の繋…

Melvins - The Bootlicker (1999)

三作連続企画盤の二枚目で得意の重く歪んだギターを封印したクリアなバンドサウンドを聞かすアルバム。もしもヘヴィなサウンドというイメージが成り立っていなかったら、という平行世界のメルヴィンズを少し垣間見る事ができる。結局アイデンティティのない…

Melvins - Stag (1996)

メルヴィンズと言えばニルヴァーナの兄貴分的存在として有名なバンドですが、その音楽性はグランジに留まらず初期はドゥームメタル、スラッジといったコアなジャンルに分類されメジャーデビュー以降は重みのある演奏を引き継ぎながらオリジナリティ溢れるオ…