読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アデル、ブルーは熱い色(2013)

エロいと聞いて。まず主人公の締まりのない口がムカつく。別れるシーンは切なかったけど二回目みたいかっていうとそうでもない。お互いが食事に招待されたシーンで主人公の方の父は安定した生活が大事やと説き、青髪の方の母はそういう考え方に否定的やった。その思想が子供に影響を与え、結局その価値観のずれが破局の原因を生んだ。本人たちはそれを超える愛情を示すこともなかったし、下らん奴らだと思えた。ブルーは熱い色という邦題だが熱くもなんともねえよ。正反対の二人が付き合ってもうまくいかんよということが言いたかったのかな?