Che-SHIZU - 水晶

日本のアングラバンドの96年辺りのライブ盤。日本のアングラと言えば灰野敬二だとかマヘルシャラルハシュバズだとか光束夜だとか名前がやたらカッコいいんだが、殆どが変人丸出しの音で意味不明で最果ての人たち、興味はあるけど理解は及ばぬという感想。この音源はポップスよりは民謡って感じのゆったりした歌と珍しい弦楽器の演奏の後ろでギターやベースがよくわからん音を出していて謎だが、黒海という曲はよくわからんうねりがあってカッコいく隼という曲は普通のロックとして聴きやすいが、全体的には退屈。