読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

戸川純 - 玉姫様(1984)

やはり戸川純の世界観がすごい。諦念プシガンガって何やねん・・・。我、一塊の肉塊なりって23歳の女の子書く歌詞かよ。会いたくて会いたくて震える位が普通やろ。個人的見解だが、子供の頃太ってて苛められたり仲間はずれにされてた子って想像力が物凄いと思う。次回作、極東慰安唱歌に比べぶん投げられ方が優しくややプロデュースが強い作品のようで戸川純の実力を出しきれなかった気がする。