読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

My Bloody Valentine - EP's 1988-1991 (2012)

いやーdrop nineteensなんかに比べると明らかに素晴らしいなあ笑。ケヴィンシールズは天才やのう。ep4枚とボートラからなる二枚組。先ず一枚目がyou made~が名盤、名曲しかない。二枚目feed me~は多少精彩を欠く、っていうかボーカルもなんかちっちゃいし適当に作ったんちゃうかって疑念を抱く。そして三枚目gliderはもうダルッダルな曲ばっかで印象的なフレーズを見つけたらそればっかで好みの別れる所。そして四枚目tremoloは振り切れちゃってギターノイズがよくわからんことになって独特の音世界を築いていてもうバンドなのかどうかもよくわからなかったり、民族的な音も取り入れたり全く節操なし。一枚目と四枚目がもう全然性質が違ってどんどんヤバイ方向にいってるのがわかって面白い。一言にマイブラ好きって言っても全然好みが違ってくるというのがこの二枚組1つで分かる。未発表の4曲はまあまあの凡曲。なんやかんや疲れるのでdrop nineteensの方がよくききます。