読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Codeine - Fridged Stars (1990)

はじめて聞いたときは音の隙間と遅さに面食らった、これ大丈夫?って不安になった。スロウコア言われる彼ら。ジャンルを超越した存在感を放つ、ロックシーンでも重要なバンドだと思う。最近年齢のせいか退屈な音を聴く事を覚えた。体の動かない音楽はつまらないと思っていた、音楽はリズムに乗ってなんぼと思っていた。微動だにしないという選択肢が選べるようになったのだ。家で引きもって音楽を聴くことが多いのでこっちの方が実際的。最近ものすごく好き。