Poet-type.M - White white white (2013)

ソロ名義のアルバムの延長線上にあるがポップスとして突き抜けた印象。ポエトタイプはこの後も音的にも私的な感じが抜けてポップスとしての純度を高めていくようだ、その方が良いと思う。でも振り返ってみるとこのアルバムも優しい感じがしていいんだろうね。この私的なノリは門田が自分でベースを弾いてるのが強く影響してるんじゃないのかな。