学校の怪談 (1995)

平山秀幸監督作。日本人が得意とするのはアートではなくエンターテイメントだと思う。早さを求めた戦闘機が美しいようにそこには機能美が宿る。つまり日本を代表する映画ってこれじゃない?怖くわないんだけど今見ても面白い。ピンクの猿みたいなのスーパードンキーコングにいそうだよね。オーディオコメンタリーの主演の野村さん喋らねえ~(笑)やっぱ新耳のオーディオコメンタリーおもしれえなあ(笑)