Plenty - 理想的なボクの世界(2010)

正直もうロキノン系とか聴くのはずいんだけどね、でもplentyは江沼くんの綺麗で静かな声と世界観があって、それとはミスマッチに思える偽善や猜疑心や道徳意識といった世の中の尺度を示す言葉が俗されていくイノセンスみたいなをよく表していて良いと思う。そこがplentyの魅力だと思う。正直この声じゃなかったらロキノンにも載らないし、結構マニアックだと思う、USエモ的な、そういう点でバーガーナッズに近いと思う、ドラムが抜けてからukロックっぽくなるのが個人的には残念、よろこびの吟とか名曲だけど。メロディの起伏がなくても聴かせてしまうのは江沼くんのボーカルの力だな~。