読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

The Get Up Kids - Guilt Show (2004)

ブックオフで半年くらい前から何となく狙っていて値下げしたので即購入した本作。2枚目のアルバムが有名で少々マイナーなジャンルであるエモの中ではオーバーグラウンドな存在である彼ら(スタジオも所有してるらしい)。オーバーグラウンドなエモって日本ではエルレとかのイメージであんま好みじゃなかったので(バンド名もそれっぽいし)、全く聴いたことがなかった。まあ、今となれば懐かしいそんなのもありかな、本作は彼らの4枚目のアルバム。ギターは乾いていてチャキチャキ煩いが、ベースが跳ねていてキーボードも手伝っていい感じのポップソングに仕上がっているじゃないか。スピード感を演出するドラムが特徴的だな。いいバンドだ。曲調はエルレあたりも影響を受けたであろう感じだが、全然違うね。エルレも曲はいいけどいいバンドだとは思えない。まあエルレに限らず日本のバンドは活動自体難しいらしいしね。正直曲調が暗いとか明るいとかバンドの演奏が良ければどっちでもいいよね。やっぱリズム隊と録音が大事なのかな。