読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

HaKU - white light (2009)

HaKUの最初のミニアルバム。中心人物の辻村くんは元々メタラーでメタルに疲れたら合間にR&Bを聴いていたらしい、というロック界では珍しい嗜好を持つ人物。凛として時雨のフォロワーであると思われたが言われてみると、R&Bっぽい柔らかくてふくよかな歌い方である。どっちかというと七尾旅人っぽいさも。一曲目と四曲目はリフらしいリフのあるロックチューンではあるが、二三曲目はペラペラしたR&Bで、個性はないが全体通して気持ちよく聴きやすい、誰にでも勧めれる感じだ。歌詞は自己啓発的なメッセージが多いが暑苦しくなくすんなり入ってくる。メタル的なマッシブなバンド感は今のところ全く感じられないがいい感じ。