HaKU - astronautS (2010)

まるでシンセのような変幻自在のギターサウンドが彩るダンスチューンという個性は今作で完成したと言えるだろう。解放源の途中のスリリングな展開が好き、そこから完璧にポップなコーラスに突入する。歌は更にキャッチーになったのと対照的に、バックの演奏はメンバーの個性が出てきたお陰でカオス化している、そのミスマッチがこのバンドの個性だろうか?そのせいで冗長に感じる場面も。弾きすぎで歌と噛み合ってないんじゃないだろうか?最後の曲はすごく好き。