スピッツ - オーロラになれなかった人のために(1992)

前作の魔女旅に出るのアレンジが気に入りその人と組んだミニアルバム。草野マサムネはこの頃不調だったと聞いたことがある。そのせいもあってか、全体的に病んだ雰囲気で、特にナイフとかヤバイ。この曲に入る壮大なオーケストラはどうなんだろう?次の曲海ねこもノリがよくサザンみたいなブラスだが、草野のボーカルが明らかに暗い。混迷期と言えばそれまでだが、スピッツ史上最も暗く草野の狂気がまざまざと表れた本作はある意味重要な作品だ。