読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Pinback - This is a Pinback CD (1999)

すごく特異なサウンドなのにメロディアスだ。Pinbackは始まったときからpinbackだ。それにしても、タイトルなげやり過ぎ。これ日本語やったら「これがピンバックのCD」やで。絶対あり得ん。これがまだ許せるのは英語だから。外人でも英語って格好いいって思ってるんじゃないかとぼくは思うんだ。ギターの音色がどうとかそういう所ではなくコードとうの和音を一切用いない独自の音楽である、それはすごいと思うし、素晴らしいことだ。しかし、それがいいか悪いかは別問題。実際売り上げでも明確に数字で表れるし、個人の中でもこっちの方がよく聴くとかあると思う。他のバンドの作品と比べること優劣をつけることは可能だとぼくは考える。今のところあんまりこの作品を繰り返し聴くとは思えない。ただ、クオリティは高いので何かのきっかけで嵌まるかもしれないけど。最後の曲がdipのfall in holyとかhuman flowぽかった。