読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

金子寿徳 - 終わりなき廃墟 (2001)

音楽 ★★★☆☆
昔アングラロックに対する憧れだけで購入したCD。普通に聴くと恐ろしく下手でどうしようないが、歌声には芯があり、歌っていることは何となくロマンチックな感じがして聴けなくもない。ドラムとベースがあると大分曲らしく割とサイケロックとして聴きやすい。実際、真面目にこういう一見理解不能なパフォーマンスを行う人は貴重であるだろうし、理解を示したい向きが僕にはあるが、音楽がリズムやメロディを楽しむためにあるならこれはダメな音楽だ。しかしそういう一般的な音楽論でなく、不惧者、どうしようもいつまはじき者たちが抱くロマンチシズム、正しくアングラの者たちに差す光とはこのようなものかもと想像すると切ない気もする。