The Cure - Pornography(1982)

キュアーはこれ以前の作品はどれも好きだ。この次以降は何か雑多だったり、重すぎたりして好きになれん。音だけで悪夢的だと思ったのはこれとソニック・ユースのEvolだけかな。宮沢正一の人中間はちょっと違うか、どちらかといえばラビッツのほうが近い。Evolは音質のせいかマジで頭痛が起こるので聴けないという意味が大半で悪夢的だから、このアルバムが一番そう。音楽は音を楽しむって書くけど、これは絶対演奏者楽しんでないよね、曲調からして演奏が楽しめるものではないと思う。抑揚のないビートが執拗に繰り返され殆ど展開のない曲はまるで覚めない悪夢って思う。こんなん叩かされるの嫌に決まってる。起承転結といった目に見えた展開がないのでいつ終わるともしれないが、確かに曲は終わるのだ。そんな中時々姿を見せるメロディアスなギターは救いを求める祈りであるさまがありありと思い浮かぶ。