読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マニックストリートプリーチャーズ - ホーリーバイブル(1994)

これはホーリーバイブルっぽいなとか、よく判断の基準にこのアルバムを置くことがある。ホーリーバイブルは僕にとってロックの一つの理想形で、つまりそれは僕にとって最大級の賞賛である。ではホーリーバイブルっぽいとはどういうことかというというと(まぁそれを語れるほど音楽知識がないから〜っぽいなんて言うんだけれど頑張って説明すると)、NWを消化した暗いリフがあってそれでいてしっかりしたコードバッキングがあり、そこに美しいメロディが乗っかる。あーあかん、上手く言えん。雰囲気で言えばダークヒーローだ。痛みや悲しみを背負いながらもその魂は正義の心に燃えているのだ。馬鹿みたいな文章を書くと自分の文化の低さに死にたくなる。文化の低さって何だ?理解度?貢献度?ザブングルのエルチっぽいね。