読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

The Flickers - WAVEMENT (2012)

セカンドミニアルバム。この辺までは随分ささくれだった印象で攻撃的な歌詞が目立つ。インディーで制約がなかったというのもあるけど、この頃の写真を見ると安島くんは内気な少年っぽくて鬱屈したものを抱えていたのかもしれない。これを聴いていて思ったのだが、今まで僕はニュー・オーダーの異様なまでのポップさに畏敬の念を抱いていたのだが、よく考えたらこの程度のポップパンクやエレポップはこのアルバムでも聴けるし寧ろこっちのほうがよっぽど聴き応えがあるし、今どきどこの国のバンドでもザラにいるレベルだ。彼らの価値はクラシックであるというだけなんじゃないか。いや、ニュー・オーダーの方が聴き応えがあると言う人がいれば、それは歴史がもたらす錯覚に過ぎない。フリッカーズはその先を提示してくれたというのにそれを聴かず未だにニュー・オーダーがどうとか言ってそこに安住しているのは下らない。