読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

KAREN - Sunday Girl in Silence (2009)

坂本真綾の走るを聴いていて思い出して聴きたくなった本作。発売当時は前作よりロックから遠のいた内容に内心結構好きと思いつつも拠り所ない思いにあまり聴かなかった。このアルバムは木下理樹の要素がほとんど感じられず、木下本人もカレンについて振り返る時は1stの事しか言わず、恐らくセッションアーティストとして殆ど役目を果たせない木下はセッション色の強い楽曲が並ぶ本作にはあまり深く関われていないのだろう。こういう理由で本作は木下ファンには不評であったが、今聴くとなかなかいいアルバムだ。特に1曲目と最終曲は良い。最終曲のメロディは素晴らしいのにアレンジが勿体無いなと思う、もっと長くていいしポップスとして開き直れていたら名曲だっただろうに。どうでもいいがジャケの絵の女の子カエル顔とはこういうのを言うんだろうなと思わせる程見事なカエルで気持ち悪い。