読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

叫びとささやき(1972)

★★★★★ 映画
イングマール・ベルイマン監督作。どっかの国の多分裕福な三姉妹とその女中の話。心の貧しい長女と、病気で死んじゃう次女と、人ズレした三女、そして体型からして包容力に満ちた女中。派手な絵はなく何か教訓じみた話だが、丁寧に撮られた無駄のない映像、目的意識がしっかりしていいて何を伝えたいかが明快で良かった。「あー面白かった」というのとは違うけど、自分の身の置き方について考えさせられるいい映画だと思う。それにしても次女の苦しんでる演技痛々しすぎ。