読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

偶然 (1981)

クシシュトフ・キェシロフスキ監督作。検閲による上映禁止処分を受け、6年後の1987年に公開された。陰影に富んだ映像がかっこいい。素朴だがいい生地で出来た服装もステキだ。説明不足っぽいが何となくわかるし話のテンポも良い。この映画は列車に乗れるか乗れないかで分岐する3つのパターンの人生を描いている。列車に間に合うパターン、列車に間に合わずを駅員を殴り倒すパターン、列車に間に合わず復学するパターンの3つがある。こんだけ人生に色んなパターンがあるのは主人公がイケメンだからじないかな。3パターンそれぞれ違うヒロインが用意されてるし。