Headphone seminar - ceti(2008)

2nddemo音源。てゆーかもうやってないみたいやしデモも何もないけどね。ちょっとダサいが日本人のオタクっぽい感性を感じさせるバンド名からしてBURGER NUDSの系譜っぽくていい感じ。硬質なギターはslintとかその周辺を思わせる。ファルセットを多用する繊細なボーカルは今にも失神しそう。シーンの隙間を縫うような消極性ではなく、バンドという独立国家が放つ文化や物語。そういうのが感じられる信頼出来る音。美しい名曲揃い。特にfredriksonは完璧な名曲。2曲目は暗いタマホーム(笑)ファーストとセカンドコンパイルして未発表音源等ボートラを付けたコンプリート盤が発売されればいいなぁ。
追記、改めて聴くととてもエモいなぁ。歌詞が良い。
"見えるはずだ
未完成の庭に咲いた千の花
未完成の僕らの消える…"
(6曲目 Mira)
歌詞カードが手許に無いので最後のほうがよく分からないがこのラストが最高にエモい。