Melvins - Stag (1996)

メルヴィンズと言えばニルヴァーナの兄貴分的存在として有名なバンドですが、その音楽性はグランジに留まらず初期はドゥームメタル、スラッジといったコアなジャンルに分類されメジャーデビュー以降は重みのある演奏を引き継ぎながらオリジナリティ溢れるオルタナティブロックとなっており、実はグランジ周辺で一番才能豊かなのはこのメルヴィンズであると僕は思う。ドゥームファンには初期のベースがロリ・ブラックだった頃辺りが人気だが、正直彼女は居るだけメンバーっぽかったし、ギターの重低音で押していた頃は良かったがより複雑な曲を志向するするようになったhoudiniでは明らかに足を引っ張っていたと思う。よって僕はベースが交代したStorner Witch以降が好きだ。何よりライブで見た暴れ回るデイル・クローヴァーのドラムでぼくはメルヴィンズのファンになったから、初期の重低音地獄から解放された生き生きとしたフリーキーなプレイに魅力を感じる。このアルバムは従来のヘヴィロックもありつつ、変テコな実験曲や、アコースティックな歌ものもあり(歌うまい!)非常に楽しい。メルヴィンズ程のユーモアと演奏能力のあるバンドは何やっても楽しめる。