読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Aphex Twin - Drukqs (2001)

一部では最高傑作と言われるこの作品だが、僕はダサイと思う。ドラムンベースは打ち込みにより人力では不可能な高速ビートを刻み、ビートをリズム楽器ではなくリードギター的なカッチョイイ存在として扱った音楽だと理解している。しかし、このアルバムのビートが僕にはカッコイイとは思えない。音楽とは人に感動を促したり、グルーヴで人を踊らせたり蕩けさせたりして初めて素晴らしいと言えるのだ。僕にはこのビートが「どう?見て、僕キチガイでしょ?」と言っている痛々しいガキにしか思えない。とは言ってもエイフェックスツインがハッタリだと言ってるわけではない。彼のアンビエントワークス2は素晴らしいし、最新作syroは最高に踊れるグルーヴ感を作り出した上でカッチョイイビートを刻んでいる。彼のこうしたキチガイ(笑)な面とアンビエントワークスで見せた美しいメロディこの2つを併せ持っているからこそ彼は天才の称号を欲しいままにしているのだろう。しかし、このアルバムやあの顔アルバムは僕にはどう考えても痛々しくてダサイ。最高傑作はどう考えてもsyroだろうと!いや、5枚しかアルバム聴いてないけど…