読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スピッツ - ハチミツ(1995)

スピッツは初期が良い。特にアルバム2枚目までは全部良い。この辺の売れてからは商品って感じが強すぎる。等身大の自分だけの歌って感じがない。恐らくアレンジをプロデューサーに任せたり、プロデューサーの移行でもっと高いキーで歌った方が良いという指摘を受け入れたりしたせいだろう。おかげで本当に売れたが、僕はやっぱり面白くない。全部いっしょに聞こえる。というより僕の欲しいものがそこに何もないのだ。