柳原陽一郎 - dreamer's high (2010)

以前の感想文では微妙的なことを書いたきがするが、短い間にも音楽の聴き方って変わるもんで、最近は嫌いな音楽がなくなってきた。前はダサいかカッコイイかっていう基準だったが、最近は更にシンプルになって良いか悪いかっていう基準に変わってきた。大切な拘りとか若い感性が完全に消えた気がするが(汗)楽しめる音楽の幅は増した。そんな変遷を経た憂うべき基準で判断するとこのアルバムは良いアルバムだ。そしていい歌だ。そして以前の自分を参考にするとカッコよくはないのだろう。そんな所も受け入れられるようになったのは嬉しい。