柳原陽一郎 - 「ほんとうの話」(2013)

これも以前と感想が変わってすごく良いと思う。再生ジンタっていうポップス風の曲が入ってるのが気が利いてるよなぁ。多分こうした良質ポップをやりつつ女性にもウケそうなユーモアとセクシーさを失わない歌手って実は珍しい。そこが好き。ロータスの庭めっちゃ切ない。こういうずっこけそうな打楽器のアレンジ大好き。durutti columnのpartyとかさぁ。最高だよなぁ。農夫に力をとかも以前ならしみったれてんなぁと思ったんだが、今はそれも受け入れられる。