Qomolangma Tomato - Camouflage (2009)

3rdアルバム。先ずサイレントヒルみたいなジャケットが凄く良い。「これタコ死んでんのかな〜。生きてたら女優さん怖いもんな〜。」とか思ってたがどうやら生きているみたい。このジャケ、ピュ〜ぴるという人の作品で、自らタコを被って撮影した物らしく、市場で買ってきたタコは18000円するらしい。タコとしては凄く高いが、流通するアルバムのジャケットとしては安上がりで良いなぁ。てゆーか、芸術の為にここまで出来る根性が恐ろしいなぁ笑。案の定タコには噛まれたらしい。
内容についても素晴らしく、最高傑作ではないかと思う。ミディアムテンポの曲が多く無理やり歌に接近したようなボーカルスタイルが歪な個性を産んでいて歌詞もよく耳に入ってくる。先発を飾るリレイションはライブ映像でのボーカルの変な動きが僕を虜にした曲で、走るドラムとノロいギターリフのコントラストが独特で奇妙な世界観を作っている名曲だ。正しくこれはタコ。このバンドはもうこれで完成で良いよと思ってしまう。DAWN FLIGHTの夢現って叫ぶとこ何度聞いても「夜回り先生ー!」って聴こえる笑。
初回原盤付属のライブDVDも素晴らしい。この人らめちゃくちゃカッコイイなぁ。FIVE〜って曲リフめちゃくちゃかっこ良いやんけ。めちゃくちゃ良いバンドだ。