your gold, my pink - Teenage Riot (2012)

名盤じゃねえか。一曲目から泣きそうになった。新人とは思えないクオリティの高い楽曲とバンドの意思の行き届いた豊かなアレンジ。実はこのバンド長い下積み時代があってメンバーそれぞれそれなりの年だそう。謂わばこのバンドはRCサクセションの再デビューみたいなものなのだ。そんな彼等の1stフルアルバムのタイトルがティーネイジライオットなんて甘酸っぱいではないか。彼らのサクセスストーリーがもっと見たかったが、メンバーの病気や脱退などの不幸が重なりこのアルバム以降は音沙汰なし。表面キラキラしてるけど、内側にはグロテスクな内臓と血と肉があるっていう真実を体現した高い芸術性が認められる素晴らしいバンドだと思う。皮肉でなく運命的に笑。