ART-SCHOOL - Anethesia(2010)

リズム隊脱退寸前、ほぼ木下理樹一人で作られたという本作。すごく集中して作られたのが伝わってくる濃度の濃い一枚。どの曲も短く打込みが多用されるためか性急過ぎる曲展開に置いてかれ気付いたら終わってるって感じもするが閉塞感にまみれた木下理樹の精神世界って感じの独特のグルーヴがある。これをエンドレスリピートするのが好きだ。これを聴いていると木下理樹にとって音楽って誰かと空間を共有するような物じゃなくて叩きつけるような自己表現なんだなって思う。孤独過ぎて終わってる。