弱虫倶楽部 - Demo CD version 5 (2017)

夜間飛行めっちゃ名曲。叫ぶかな?と思ったが最後まで力まず正に夜間飛行って感じの爽やかさ。遂に溜まった曲が10曲にもなり完全にフルアルバム級に、曲は全て素晴らしい。お値段変わらず500円。もうなんか気の毒だ笑。これ紙に書いてる曲順がちょっと違うんだけどどっちが正しいんだ?
先日見たライブについて思うところを一つ、これは多分フリッカーズの頃からあった問題だと思うんだが、正直言って彼らの曲、難しくてノリ辛い。ライブには大まかに2つの形があると思う。客を盛り上げ会場の一体感を楽しむという形、もう一つが驚異的なパフォーマンスで客を圧倒するというもの。後者は基本客が棒立ちでも成立するが、彼らの音楽はカオスとポップが同居していて、その2つのライブパターンの両方を実践しようとしているように感じる。彼らのような高度な曲で客に一体感を求めるのは非常に難しいことだと思う。それがライブ空間で戸惑いと違和感を残しているように思う。最近は家にいても何かの同調圧力を感じずにはいられない時代だ。しょーもないノリでも盛り上げるのが上手いやつが成り上がる時代だと思う。彼らのような良い音楽が評価されてほしいと願う。