blgtz - マイナスの世代による瞬間のドキュメント(2005)

なかなか衝撃的な内容。前作よりブレイクが入ったりリズムアレンジを追求したり、よりバンドらしい音を志向した感じになっている。でもドラムとか下手くそなんだよ。それがまた良いね、不安定で。緊張感ある。レディへとかさ、安定感あり過ぎる音楽嫌いなんだよ。定規できっちり測ったみたいなさ。退屈じゃない?ダサくないレディへ?まぁ関係ないけど。成立してるのはボーカルギターが上手いからかな。グルーヴ感あるよね。弾き語りが中心になってる曲が多いけど、それだけで素晴らしい音楽になる、才能だよね。しかしそれが続く中盤はちょっと退屈。多分もっとバンドらしいアルバムにしたかったんだろうけど、アレンジとか全部一人で考えたんじゃないかな?六曲目とか無理やり展開変えてキュアーみたいになるし。メンバーの戦力不足故に弾き語り系の曲が多いのではないかと推察。また、それを補う時間もなかったのでしょう。