blgtz - 同時に消える一日(2011)

前作のバンドサウンドを引き継いだ内容で前作とは違い一部のスキもないしっかりした音に仕上がっている。歌詞も前作までは別に伝わんなくてもいいやって感じだったけど、今作ははっきりしたメッセージ性が強い。歌も裏声からほぼ地声で歌うようになり、男らしいまでの歌いっぷり。フルアルバムとして6年ぶりの作品にしては、普通に才能ある奴が普通に取り組んで、はい名盤って感じで、偉くあっさりした印象を受ける。つまりこの人は条件さえ整えば出来る人なのだと思う。埋もれさせるには惜し過ぎる人だ。果たしてこの次はあるのだろうか。
……正直、このバンドを最後に興味のあるバンドは全て掘り尽くしてしまった。もう別にこれ以上新しい音楽に出会えなくても満足だ。