S.O.B - What's the truth (1990)

デスメタルを取り入れた二枚目のアルバム。もっとドロッとしていて重く早くってボーカルの思想からして単純明快。かなり頑張ってデスボイス出してる感が伝わってきて、B級っぽいというか、好意的にとるとメタルの暑苦しさを感じさせないというか、これはこれで良い。やりたいことを全部詰め込んだ感じで、もうぐちゃぐちゃでどっからどこまでが同じ曲なのか良くわからなくなるが、まぁとにかく意欲的でカッコいい。