大江慎也 - THE GREATEST MUSIC (2006)

最初のギター聞いた瞬間最高だった。ルースターズのアルバム含め一番良いんじゃないかと思う(全部聴いてないけど..)。メンバーの円熟味のある演奏が最高。シンプルなロックでこんだけ奥域を感じさせるのは流石。それだけでなく大江慎也はロック特有のスリリングな興奮をもたらしてくれる。鋭さを失っていない。childhood daysとか...ヤバイ。名盤。

(追記)ちょっと勘違いしてたみたい。childhood daysをチャイルドフードデイズ、つまり「離乳食の日々」みたいに解釈してたがそれはchildfood、正しくは幼少期とかそんな意味。いや、よくわからんけど荒廃してた頃の大江ならあり得るかなと思ってしまった(笑)