スピッツ - インディゴ地平線(1996)

スピッツにはバンドでありながらpopsであって欲しいという想いがあって、このアルバムは一番僕の要望に近いアルバム。大ヒットシングルチェリーが入っているが、全体的には地味なアルバム。各楽器の音がショボい、それが良い曲になり過ぎない為の配慮というか、まぁ聴きやすくする為、全体の粒を揃えるポップスマナーって感じだろうか。ナナへの気持ちはすごく好き、このギターアレンジ変わってて良い、男子にとって女子は永遠の謎って感じがよく表されてると思う。