Sebadoh - The Sebadoh (1999)

奥田民生が最近のバンドは良い曲ばっか作りすぎって自虐風に言ってたけどこれ本当だよね。遊びっていうか抜きっていうかそういうのがないと疲れるし、それがあることで聴く側にもリズムが生まれそのアルバムに奥域をもたらすというもの。その点このセバドーは完璧なバンド。作曲者が歌も歌い担当楽器まで交換するスタイルで、基本はベースの人がパンクスタイルの曲でルーがオルタナ全開の良い曲を歌う、それがセバドー(ちなみに前はドラマーも歌っていて、メチャクチャな曲で俺は好きだった)。どっちか一人しか歌わなくても正直つまらないバンドだったと思う。バンドは複数人集まってやってるんだから、みんな曲をつくって歌えば良いんだ。オルタナティブロックの懐の深さを感じさせてくれるバンドだ。Cubanって曲とか変な曲なんだけど作り込まず勢いで仕上げた感じでそのノリが良いよね。流石自由の国アメリカだと思う(笑)。