ふくろうず - ループする(2010)

ファーストアルバム。ふくろうずは僕の印象では女性が女性らしいままロックをやっているという感じでそれがとてもカッコいい。そういうバンドっていそうでいない。みんなロックをする時は男の真似をしたり、ロックになってなかったり、ロックという表現方法を取らなかったりする。このアルバムは正にそんなイメージで、ボーカル内田万里の感情がそのまま音になったようで唯一無二。この頃はまだ歌に自覚的でなかったらしく、歌がサウンドに溶けてる感じで聞き逃しそうになるがよくよく歌詞を見ると結構キレていて内田自信初期の曲を直情的と評している。三曲目はスロウカーヴのアルファという曲を思い出した。こういう中音に膨らみのあるエモーショナルなギター大好きだ。ポップス然とした曲も用意されていて最初から実力の高さを窺わせる。