ふくろうず - ベイビーインブルー (2015)

駄作を連発したがここに来て巻き返しに成功したと思う。砂漠の流刑地までのバンドサウンドからポップス志向に切り替わってそれがやっとここで結実した。これまでのアルバムではバンドであることが枷になって曲の魅力を邪魔していたように思うが、このアルバムでは曲に必要な最低限のアレンジが施され洗練されたポップスになったと思う。ハートビートは笑って泣ける切なさとユーモアが同居した名曲、正直バンドだけでこんな完成度高い曲作れるなんてすごい。このバンドは歌詞を見ないで聴いた方が良いと思う。正直大したことはいってないので、その方が音楽に込められた感情と共に歌詞がスッと入ってくる。たゆたいなんか歌詞が本当にスッと入ってきて甚く感動した。何だかもうあまり、バンドという感じがしなくて、ポップス職人って感じかな。ここまで来ればもう良い曲しか生まれないのではないかと全幅の信頼を置いてしまう。