ふくろうず - だって、あたしたちエバーグリーン(2016)

文句なし。フィッシュマンズくらいの境地に来てる。只、原点回帰って言われると僕は違和感ある。僕にとってループする辺りのふくろうずは完全にロックバンドだったので、今のふくろうずは内田万里の歌と鍵盤が中心にあってベースは完全に裏方に回ってギターはリードに徹し曲を彩る装飾みたいになってソロっぽいと言えばそうだしそれがふくろうずだと開き直られた感じがする(ジャケもまんまそんな感じ)。完全に違う魅力だけど、初期はロックバンドの初期衝動という意味ではありふれている(まぁ女性によるものだからやっぱり特別だけど)のに対し、今はもうポップス職人として人間国宝的な尊い存在になったと思う。同じように優れたポップス職人と化したバンドは日本でも幾つかいるが、自己プロデュースによってオリジナリティーと曲のイメージの強靭さが保たれてるという点ではとても優れていると思う。やっぱりそういう存在ってフィッシュマンズくらいしか思い付かない。