永遠の語らい(2003)

マノエル・ド・オリヴェイラ監督作。可愛い娘と綺麗なママがパパに会いに行くついでに旅行しながら歴史について語りまくる。時に視点はブルジョアのおっさんおばはんに代わってそのまま小粋な会話を交わす。基本的にそれだけの何気ない映画だが、(ラストはちょっと意外だが)衣装が可愛かったり子供の仕草が可愛かったり似たような絵のリフレインがあったりでギリギリ映画として機能していて何となく見れてしまう。僕は結構好き。