僕のスウィング(2003)

トニー・ガトリフ監督作。また最高の映画と出会ってしまった。カメラワークにリズムがある。多少ブレても気にしない。見えないエネルギーを追いかけて捉える、そんな感じ。素晴らしい。画面全体が生命力に満ちている。先生が倒れる所とかマジでこっちまで気分悪くなる程。天才だ。それにしてもこのヒロイン急にビンタしてきたり、馬乗りになり抑えつけて顔につばを垂らしてきたり、妙にそそる。きっとやらしい好き者に育つだろう(笑)劇中「いいぞ、スウィングしている」って台詞があったが、これはいい言葉を教えてもらった。