Okada Takuro - Nostalgia (2017)

森は生きているの頃から普通にいい曲だなぁくらいに聴いていたので、インタビューで「新しい音楽をやっているつもりなのにはっぴいえんどフォロワーくらいにしか書かれなくて悔しかった」と語っていて少し怯んだ。洋楽とか全く追ってないからなぁ。まぁでもそんな作者の自意識を満たすような感想は批評家に任せて、思考放棄して普通にいいなぁくらいの感想でいいでしょ音楽だし。普通といってもやはり分かりやすいポップスとは違って聴き応えがある。バンドによってはライブで再現できない音は入れないとかよく聞く話だけど、これは止めどなくいろんな楽器が入ってきて抜けてを繰り返し編集感バリバリで不安定で連続性のない夢のようだが心地良いという不思議。