ROVO - Ravo

即興っぽいんだけど、曲として成立させるギリギリのバランス感覚。スリリングなだけじゃなく心地良いんだけど、気を抜くと飽きるっていうそういう世界。そういうもんだと思うどんな音楽でも、ボーカルって言う物がどれだけ興味を惹く存在なのか分かる。言葉も人の注意を惹き付ける、意味が分かると尚のこと。ライブでプレイを観察できるとまた違うんだろうけど、やっぱり飽きが先にくる。言葉がないとメッセージがないと思う。意味のない物に時間を費やすことに対する焦燥感。そんなことを考えてしまう。インストでもストンとハマれば良いんだけどこれはちょっとうるさ過ぎる。