EARNiNE - EN120

外出時、特にライブを見に行った時、ヘッドホンが邪魔で(飛び跳ねた時鎖骨に刺さってめちゃくちゃ痛い)、長年のヘッドホン派であったがついにイヤホンを買った。秋葉原のeイヤホンで購入。EARNiNEのEN120。5480円。

イヤホンライキングなる物がやっていて五位以内とその辺のを適当に視聴した結果これが一番好みの音だった(この商品はランキング四位)。自分のイメージではイヤホンって音圧の無さを高音や低音をやたら出してカバーしてる印象があったのだが、このイヤホンは無理な高音低音が無くかなりフラットな音でそこそこ音圧もあって驚いた。乾いた音がして原音に忠実でスネアがスコスコ鳴るというのが僕の理想の音なのだが、イヤホンでそれにここまで近づき尚且つこの低価格というのは驚き。最近のイヤホンは音が良いと聴いていたが確かにかなりのモノ。下手なヘッドホン買うよりイヤホンで事足りるなこれは。まぁそれでもイヤホンがヘッドホンより音が良いということはない。二十万の幻〜というイヤホンも試しに視聴してみたがこれなら三万くらい出せばヘッドホンならもっと音の良い物を買えるのではないかと思う。まぁこれは単純にイヤホンよりヘッドホンの聞き心地のほうが好きというのと、僕の思う良い音とメーカーが想定する良い音が違うってだけなんだけど、高いからっていい音ってわけじゃないよね。

確かに高いイヤホン・ヘッドホンを使えば何聴いても良く聴こえるが、それは逆に何聴いても同じということだと思う。偽りのイミテーションに喜び、あるはずの感動や驚きに気づけないのは愚かな事だ。大事なのは中身。良い曲は良いし、悪い曲は悪い。ありのままの音がいいと思う。