パンズ・ラビリンス (2006)

ギレルモ・デル・トロ監督作。ファンタジーかと思ったらかなり恐い話だった。虫苦手な人は厳しいかも。あとグロも。後にパシフィックリムを撮る監督だが、際立っていたのは暴力の快感と、特殊メイクの上手さ。かなりキモいモンスターが出てきて楽しい。しかし肝心の話は大したことなかった。こんなに夢も希望もないファンタジーは珍しい。子どもと見れないファンタジー。12禁やしね。